2020年度 緩速ろ過/生物浄化法セミナーオンライン連続講座「海外編」 | 特定非営利活動法人 地域水道支援センター

特定非営利活動法人 地域水道支援センター

2020年度 緩速ろ過/生物浄化法セミナーオンライン連続講座
第2回「小規模水道のつくり方 海外編」 

今月、私たちCWSCでは、「小規模水道」における考え方や技術、実施例を自主制作書籍『小規模水道のつくり方 SDGsへの道』にまとめ発行し、同書発行を記念した「小規模水道のつくり方」がテーマのオンラインセミナーを開催する運びとなりました。

オンラインセミナー第2回目は11月14日「海外編」として、サモア、フィジー、中国、アフリカ諸国における小規模水道設置の実例について、それらに携わった専門家、研究者、コンサルタントがそれぞれの経験と知見を伝えます。水道事業者、企業、市民の方々とのディスカッションを交え、地域の人々の生命・生活・健康を支える小さな水道のつくり方についてともに考える機会になればと願っています。ふるってご参加ください。

↓↓↓

<当NPOの会員ではない方向け セミナー詳細とお申込みページ>

CWSC主催 緩速ろ過/生物浄化法セミナーオンライン連続講座2020
第2回「小規模水道のつくり方 海外編」
https://peatix.com/event/1656826

<当NPO会員のお申込み方法>

メーリングリストでご案内した要項の通り、事務局へ直接メールにてお申込みください。

日程のご都合が付き、ご関心をお持ちでいらっしゃいましたら、ご検討いただけますとたいへん嬉しく存じます。

****************

オンラインセミナーは、書籍『小規模水道のつくり方 SDGsへの道』をお持ちでない方もご参加いただけますが、同書のご購入希望の方はこちらのページからどうぞ。

https://bit.ly/36eJWEu

****************

感染防止の観点から例年のように会場に集まってのセミナーはかないませんが、普段遠隔地でのセミナーに参加が難しいという方も今回はぜひオンラインを活用してご参加いただければと思います。
お誘い合わせの上ふるってご参加ください。
口コミやSNSでのシェアも歓迎いたします。

内容について、不明な点などございましたら、当NPO事務局までお気軽にお問合せください。

****************

<セミナー概要>

11月14日14-17時 オンライン形式(Zoom使用)
参加費:会員4000円、非会員5000円(1回目国内編に参加申し込みいただいた方はいずれも半額)

<当日のプログラム>

14:00―14:05 オンラインセミナーガイダンス
14:05―14:10 主催者挨拶

<第1部 レクチャー>

14:05-14:45 「大洋州の島しょ国が「安全な飲み水」へと動く サモアとフィジー」中本信忠

〈NPO法人地域水道支援センター理事。信州大学名誉教授、理学博士。2019年日本水大賞「国際貢献賞」、JICA「理事長賞」を受賞。主な著書に生でおいしい水道水ーナチュラルフィルターによる緩速ろ過技術』(築地書館)など〉

14:45-15:25 「中国の村々を救う小さな「飲用水生物浄化装置」大塚健司

〈NPO法人地域水道支援センター会員。 日本貿易振興機構アジア経済研究所主任研究員。博士(環境学)。 主著に『中国水環境問題の協働解決論― ガバナンスのダイナミズムへの視座』(晃洋書房)、『 中国太湖流域の水環境ガバナンス― 対話と協働による再生に向けて』、『流域ガバナンス―中国・ 日本の課題と国際協力の展望』(以上編著、アジア経済研究所) など。

15:25―16:05 「アフリカの村落給水プロジェクトから学んだこと“小さな水道”支援のこれからへ――現地で維持管理していくための仕組みづくりとは」高松章二

〈NPO法人法人地域水道支援センター会員。日本テクノ(株)会長。 水環境分野の開発コンサルティング企業である同社入社後、 一貫して海外プロジェクトのコンサルティング業務に携わる。アフリカ諸国には100回以上渡航して25カ国で村落給水事業を 中心にプロジェクトの発掘、案件形成、調査、 実施促進に従事してきた〉

(16:05-16:10 休憩)

<第2部 講師と参加者による質疑応答と意見交換>

登壇者:中本信忠、大塚健司、高松章二、三田克征〈NPO地域水道支援センター常務理事。RCCM(上水道及び工業用水道)。三恭コンサルタント(株)取締役。勤続25年、水道事業全般に係る業務を行う。津山市小規模飲料水供給施設の計画・設計・施工管理を担当〉

ファシリテーター:橋本淳司(NPO法人地域水道支援センター理事、水ジャーナリスト、武蔵野大学客員教授。主著に『水道民営化で水はどうなる』(岩波書店)など〉

16:10-16:55 講師と参加者による質疑応答と意見交換
16:55―17:00 ディスカッションの総括

※講師および内容は当日変更になる可能性があります。

****************






TOPへ
MENU